シロアリ駆除業者検索サイトシロアリポリス

No.592,既存改修,被害なし,ホウ酸,広島県東広島市

No.592,既存改修,被害なし,ホウ酸,広島県東広島市

被害なし
既存住宅改修工事防蟻工事防腐工事
施工業者
山陽木材株式会社
シロアリの種類
被害なし
主な使用薬剤
ホウ酸ボレイトシールボレイトフィラー
場所
広島県東広島市
案件内容

布基礎構造の既存の木造住宅にシロアリ対策としてボロンdeガード工法にてホウ酸水溶液処理を施した事例です。防湿コンクリートはリフォーム時に新たに打設されたもので、事前の調査では木部にシロアリの被害は見受けられませんでした。リフォームの際にシロアリの被害と木材の腐れが心配とのことでホウ酸による木材劣化対策を採用されたということでした。 防湿コンクリートの基礎内全てのつなぎ目をホウ酸入りのシーリング材であるボレイトシールで塞ぎ、貫通配管周りはホウ酸入りのパテ材であるボレイトフィラーで処理することでシロアリの侵入経路を遮断しました。 その後、床合板や基礎天端から1mの見えている木部全てにホウ酸水溶液を処理しました。