ダイコンアブラムシ(1月/三重県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 三重県にお住いの方から届いた写真です。無農薬野菜の白菜、ネギ、大根、サニーレタスなどに多量についていたとのことでした。大きさは2~7mm、潰すと血のような赤い汁が出たとのことでアブラムシの一種かと思われますが、詳しい種類までは特定できませんでした。ダイコンアブラムシやモモアカアブラムシ、キクヒメヒゲナガアブラムシなどが少し大きい種類のアブラムシですが、このいずれかであるかと思われます。これらのアブラムシは、カメムシ目アブラムシ科に属する昆虫で、いずれもアブラナ科の野菜を食害する害虫です。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヨコズナサシガメ(1月/栃木県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 栃木県にお住いの方から届いた写真です。ヨコズナサシガメの幼虫のように見えます。ヨコズナサシガメは、カメムシ目サシガメ科に分類されるカメムシの一種で、日本産のサシガメ科中最大級の種になります。成虫の体長は16-24mmになり、光沢のある黒色の体色をしています。腹部の縁には、白色で各節に大きい黒斑のある腹部結合板が葉状に広がっています。腹部結合板の配色は、幼虫期では白黒が単純に交互に並んでいますが、成虫では黒斑が辺縁まで達せず、しばしばピアノの鍵盤状となっている場合もあるそうです。成虫、幼虫ともにサクラ、エノキ、ケヤキ、クワ、ヤナギ、クスなどの大きな木の樹上に棲みついています。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

アカスジキンカメムシ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 お子さんが初めて自分で捕まえたので名前が知りたかったとのことでお送りいただきました。おそらくアカスジキンカメムシの5令幼虫だと思われます。アカスジキンカメムシは、カメムシ目キンカメムシ科に属する昆虫で、成虫は緑色の体に金赤色の模様が入った大変美しい色をしているため「歩く宝石」と呼ばれることもある珍しいカメムシの一種です。本州、四国、九州の低山地や平野のコナラ、フジ、ハゼノキ、アオキ、スギ、ヒノキなどの木で見かける虫です。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

キマダラカメムシ(12月/東京都)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 東京都にお住いの方から届いた写真です。キッチンの壁にいるところを発見されました。大きさは5cmほどとのことで、これはキマダラカメムシと思われます。キマダラカメムシは、カメムシ目カメムシ科の昆虫で、腹部の節ごとに黒褐色と淡黄色が繰り返される縞模様が特徴です。カメムシの仲間では大型の部類で、模様が美しいカメムシとして知られています。台湾から東南アジアを原産地とする外来種で、サクラ、カキノキ、フジ、ニセアカシア、クワ、エノキ、ウメの木などにつく虫です。市街地、都市部の街路樹、庭木などでも普通にみられることから、本ブログでも度々登場する虫の一つです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヒメジュウジナガカメムシ(12月/埼玉県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 埼玉県にお住いの方から届いた写真です。ご自宅の庭で大発生しているところを発見されました。大きさは1cmほどとのことでした。グランドカバー、シマトネリコ、ミモザの木などにもたくさんついていて、植物だけでなく壁や門扉など庭全体に見られたそうです。おそらくヒメジュウジナガカメムシと思われます。ヒメジュウジナガカメムシは、カメムシ目ナガカメムシ科に属する昆虫で、背中の黒に朱の十字模様が外観上の特徴です。草原などに生息し、ガガイモ科の植物につく虫ですが、詳しい生態はまだ解明されていないそうです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

コバネマキバサシガメ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 おそらくコバネマキバサシガメだと思われます。コバネマキバサシガメは、カメムシ目マキバサシガメ科に分類される昆虫の総称で、他の昆虫などを襲う捕食性のカメムシです。一般的なカメムシに比べ細長い体形をしており、体色は茶系統の地味な色彩のものが多いようです。体長は6〜13mm程度です。幼虫、成虫ともに捕食性で、自分より小さい昆虫などを捕食します。さまざまな環境で生息していますが、とくに草地や丈の低い植物の草の上にいることが多いようです。アブラムシやカスミカメムシ類、メイガの幼虫などの害虫も食べるため、益虫とみなされることもあるようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ハネナガオオアブラムシ(11月/岩手県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 岩手県にお住まいの方から届いた写真です。大きさは5mm~1cm弱、家の周囲でたくさん見かけるとのことです。おそらくハネナガオオアブラムシだと思われます。ハネナガオオアブラムシは、カメムシ目アブラムシ科の昆虫で、トドマツなどモミ類の幹や枝につく大型のアブラムシです。有翅型と無翅型がいますが、有翅型成虫は体長1cmにもなり、体色は暗い茶色や灰色あるいは黒色の褐色をしています。クリスマスツリーとしてモミの木を庭などに植えてい場合は見かけることがあるかもしれません。枝枯れや樹勢の劣化などにつながる可能性がありますので、見かけたら注意が必要です。アブラムシ用の駆除剤を散布すれば対策できます。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

クスベニヒラタカスミカメ(11月/東京都)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 東京都にお住まいの方から届いた写真です。ベランダにいたところを見つけられました。おそらくクスベニヒラタカスミカメという外来種のカメムシの仲間の昆虫かと思われます。体長は1cmにも満たない小さな虫ですが、2015年に大阪で発見され関西方面から分布が拡がり、近年では東京など関東圏でも生息域を拡大している中国原産の虫です。名前にあるとおり、幼虫成虫ともにクスノキにつく虫で、異常落葉しているクスノキがあった場合、生息を疑う必要があります。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

オオキンカメムシ(11月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 オオキンカメムシと思われます。オオキンカメムシは、カメムシ目キンカメムシ科に属する昆虫で、鮮やかな赤い体色が特徴です。桐油を採取するアブラギリの害虫として知られています。もともと熱帯系の昆虫で、この写真の個体の発生場所は不明ですが、日本では本州の南部以南でみられるようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。