チャバネゴキブリ(2月/鹿児島県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 鹿児島県にお住いの方から届いた写真です。大きさは2cm程度、ご自宅で発見されました。これは頭の取れたチャバネゴキブリと思われます。チャバネゴキブリは、ゴキブリ目チャバネゴキブリ科に属する昆虫の一種で、世界共通の室内害虫として知られています。体長は10から15mmで、体色は薄茶色。立派な前後翅を備えていますが飛翔はできません。もともとはアフリカ原産とされていますが、世界中に移入し分布を拡げています。雑食性で人間の食べ物を摂取して、場合によっては食中毒の原因となる微生物を媒介し、死骸や糞はアレルゲンとなります。温度が一定に保たれた環境ではほぼ通年活動し、1ヵ月に1回の間隔で産卵すると考えられています。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

クロゴキブリ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 これはクロゴキブリの幼虫だと思います。クロゴキブリは、ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫の一種で、屋内に生息するゴキブリの代表的なものです。実はこのゴキブリは人の海上移動に伴って侵入してきた外来種で、耐寒性があり近年では北海道でも生息が確認されているそうです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

アメリカカンザイシロアリ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 ホウ酸ダスティング施工をおこなった現場にて撮影された写真です。アメリカカンザイシロアリがホウ酸の上を歩いて死んでいるのがわかります。アメリカカンザイシロアリは、ゴキブリ目シロアリ科に属する昆虫で、メキシコ北部から北米西部にかけてを原産とする外来種になります。住宅を含む木造建造物にとって深刻な被害をもたらす害虫で、カリフォルニアとアリゾナ州で毎年2億ドル以上の損失が試算されており、米国西部では大きな経済的損失を招く最悪の害虫であるとされています。日本でも生息域が全国的に広がりつつあり、日本におけるシロアリ対策ではアメリカカンザイシロアリが想定されていないのも被害が拡大している一つの要因になっています。実際にアメリカカンザイシロアリによる被害に対して、合成殺虫剤を使用する一般的なシロアリ対策業者では対処しきれないのが現状で、ホウ酸による全構造材処理(ボロンdeガード®工法)やホウ酸ダスティング施工が唯一、アメリカカンザイシロアリを想定した予防対策工法となっています。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

クロゴキブリ(12月/奈良県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 奈良県にお住いの方から届いた写真です。投稿された方もゴキブリの赤ちゃんだと思いますが、と仰っていたとおりクロゴキブリの赤ちゃんだと思われます。クロゴキブリは、ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫の一種で、人家に棲むゴキブリの代表的なゴキブリです。成虫の体長は25-30mmほどで、体つきは扁平、体色は黒褐色で光沢があります。翅は大きく飛翔することが可能です。一つの卵鞘には22-26個の卵が入っていて、27℃の環境下では41日で孵化します。孵化後300-350日後に成虫になり、成虫は25℃の環境下で200日前後生存します。因みに成虫の雌は一生で20-30個の卵鞘を産むそうです。ゴキブリはシロアリの仲間なのでホウ酸がよく効きます。小さなお子さんがいらっしゃるなど、殺虫剤が使えない場合はホウ酸を試してみるのも良いかと思います。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ゴキブリ(12月/中国地方)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 中国地方にお住いの方から届いた写真です。投稿された方も仰っていたとおり、ゴキブリの赤ちゃんですね。ゴキブリは、ゴキブリ目のうちシロアリを除く昆虫の総称です。全世界に約4,000種、うち日本には南日本を中心に50種余りが知られており、世界に生息するゴキブリの総数は1兆4853億匹ともいわれており、日本には236億匹(世界の 1.58%)が生息するものと推定されているそうです。ゴキブリという名前の由来には、御器(食器)をかぶる(かじる)ことから「御器囓り(ごきかぶり)」、食器の下に身を潜め御器(食器)を被ることから「御器被り」、御器のふりをすることから「御器振り」などの説があります。本来は熱帯雨林に生息する昆虫で、昼間は朽ち木や落ち葉の陰にひそみ、夜になると出歩いて菌類、樹液、朽ち木、動物の死骸や糞などを食べる雑食性の昆虫です。家屋害虫となるゴキブリの種類は全てのゴキブリのうち1%にも満たないそうで、とくに雑食性の強い種の中から寒さや食物に困らない人間の住環境に進出する種類が現れたということです。人家に棲む主なゴキブリは、クロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリといったアフリカ産のゴキブリが多いようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヤマトシロアリ(11月/岡山県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 岡山県の方から届いた写真です。ヤマトシロアリと思われます。ヤマトシロアリは、ゴキブリ目ミゾガシラシロアリ科に分類されるシロアリの一種です。イエシロアリとともに在来のシロアリで、日本全国に広く分布しています。イエシロアリが家全体に被害を与えるのに対して、ヤマトシロアリの被害は比較的部分的で、広がりが少ない傾向がありますが、雨漏りなど場合によっては家の二階部分まで食害が及ぶこともあります。ヤマトシロアリの詳しい特徴はシロアリポリスの「シロアリFAQ」をご覧ください。 シロアリFAQ↓ https://shiroari-police.com/shiroari.html もし身の回りで発見されたのであれば被害が及ぶ前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヤマトゴキブリ(11月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 投稿いただいた方はチャバネゴキブリの幼虫ではないかと仰っていましたが、ヤマトゴキブリの幼虫のようにも見えます。いずれにせよゴキブリの幼虫であることは間違いなさそうです。チャバネゴキブリもヤマトゴキブリもゴキブリ目に属する昆虫で、チャバネゴキブリはチャバネゴキブリ科、ヤマトゴキブリはゴキブリ科に属しています。ヤマトゴキブリは名前のとおり日本が原産で、チャバネゴキブリはアフリカが原産と考えられています。ヤマトゴキブリは世界のゴキブリの中でも北に生息している種で、低温に適性があるゴキブリとのことです。チャバネゴキブリは世界中に分布しており、もちろん日本でも全国的に見られるゴキブリとなっています。大きさはヤマトゴキブリのほうが少し大きいようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

シロアリ(10月/大阪府)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 大阪府にお住まいの方から届いた写真です。YouTubeの動画を見てご投稿いただきました。長く開けていなかった襖を開けたら、柱の一部がこのような状態になっていたそうで、2mm程度の大きさのシロアリが数十匹いることを確認したそうです。被害が確認できたのはこの柱と襖だけとのことでしたが、どうすればいいか分からずお問い合わせいただきました。仰るとおりシロアリによる被害と思われます。シロアリは、昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科 、あるいはシロアリ目の昆虫の総称です。このような被害にあった場合、大切なのはどうやって駆除するか、そして、予防対策とメンテナンス方法です。長い目で見たときの効果と費用、何より住まい手の健康を第一に考えた方法を検討されるのが良いかと思います。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ゴキブリ(10月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 新築1年目のお宅で壁を走っているところを見つけられたようです。あまり見たことがないとのことですが、おそらくゴキブリの子どもと思われます。ゴキブリは、昆虫綱ゴキブリ目 のうちシロアリ以外のものの総称で、日本には南日本を中心に50種余りが確認されています。いくつか名前の由来があり、御器(食器)をかぶる(かじる)ことから「御器囓り(ごきかぶり)」、食器の下に身を潜め御器(食器)を被ることから「御器被り」、御器のふりをすることから「御器振り」などの説があります。いずれにしても御器(食器)との関連で共通しているところがおもしろいですね。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。