ユウレイヒメマキムシ(1月/宮城県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。

この虫、しろあり?↓

https://borate.jp/special/line.php#anchor04

宮城県にお住いの方から届いた写真です。大きさは2mm以下、色は黒~茶色、発生場所は和室でとくに窓近くの木枠や柱にたくさん見られたようです。昨年の夏から秋にかけて大量に発生して何度も掃除機で吸い取ったり、ダニ用の燻煙剤を2週間おきに3回かけたりしたそうですが、かけた直後は減ってもまたすぐに増えてしまいお困りだったようです。冬になって暖かい南側の和室の窓に10匹ほど発生したとのことでした。エアコンを2,3日つけたままにしたら増えたそうです。当初はダニと思われていたそうですが、よく分からずご投稿いただきました。おそらくユウレイヒメマキムシではないかと思われます。ユウレイヒメマキムシは、コウチュウ目ヒメマキムシ科に属する昆虫で、幼虫、成虫ともにカビを餌にしています。ヒメマキムシの防除は、チャタテムシと同じくカビ対策の一言に尽きます。普段から乾燥・通風を心掛け、清掃を徹底し、清潔な状態を保つことが大切です。それでもカビが発生してしまった場合は、カビ取り剤でカビを除去し、防カビ施工を行なってください。住宅を建てる際に防カビ処理をしておくと、最初の発生をある程度防ぐことができます。

なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。

シロアリポリス↓

https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *