クロゴキブリ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 これはクロゴキブリの幼虫だと思います。クロゴキブリは、ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫の一種で、屋内に生息するゴキブリの代表的なものです。実はこのゴキブリは人の海上移動に伴って侵入してきた外来種で、耐寒性があり近年では北海道でも生息が確認されているそうです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヒラアシキバチ(12月/鹿児島県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 鹿児島県にお住いの方から届いた写真です。おそらくヒラアシキバチの一種かと思われます。ヒラアシキバチは、ハチ目キバチ科に属する昆虫で、エノキなどの広葉樹につく虫です。枯れた辺材部の幹に産卵し、幼虫は辺材を食べて育ち、木の中で羽化した成虫は幹に穴を開けて出てきます。メスは産卵管を刺したまま力尽きて死んでしまうそうです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

アカスジキンカメムシ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 お子さんが初めて自分で捕まえたので名前が知りたかったとのことでお送りいただきました。おそらくアカスジキンカメムシの5令幼虫だと思われます。アカスジキンカメムシは、カメムシ目キンカメムシ科に属する昆虫で、成虫は緑色の体に金赤色の模様が入った大変美しい色をしているため「歩く宝石」と呼ばれることもある珍しいカメムシの一種です。本州、四国、九州の低山地や平野のコナラ、フジ、ハゼノキ、アオキ、スギ、ヒノキなどの木で見かける虫です。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ノシメマダラメイガ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 ノシメマダラメイガの幼虫のように見えます。ノシメマダラメイガは、チョウ目メイガ科に属する昆虫で、ノシメコクガとも呼ばれています。成虫の体長は7~8mm程度の小さな蛾で、幼虫は植物油脂が豊富な種子を食害する害虫として知られています。成虫の翅の模様が着物の熨斗目に似ていることから名づけられたそうです。貯蔵してある米や玄米にわくことから家庭でも見かけることがあるかもしれません。虫に毒性はないため、中身を陰干しまたは天日に干して精米すれば、多少味は落ちるものの十分に食べることができるようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

キマダラカメムシ(12月/東京都)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 東京都にお住いの方から届いた写真です。キッチンの壁にいるところを発見されました。大きさは5cmほどとのことで、これはキマダラカメムシと思われます。キマダラカメムシは、カメムシ目カメムシ科の昆虫で、腹部の節ごとに黒褐色と淡黄色が繰り返される縞模様が特徴です。カメムシの仲間では大型の部類で、模様が美しいカメムシとして知られています。台湾から東南アジアを原産地とする外来種で、サクラ、カキノキ、フジ、ニセアカシア、クワ、エノキ、ウメの木などにつく虫です。市街地、都市部の街路樹、庭木などでも普通にみられることから、本ブログでも度々登場する虫の一つです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

カラスハエトリ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 ハエトリグモの一種であるカラスハエトリではないかと思われます。体色からすると雌のカラスハエトリかもしれません(雄は頭胸部と腹部の一部が黒い)。カラスハエトリはクモ目ハエトリグモ科に属する昆虫で、山地から平地の林や草原などの樹上でよく見られるクモです。第1脚が太く発達しているのが特徴です。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

アメリカカンザイシロアリ(12月/不明)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 ホウ酸ダスティング施工をおこなった現場にて撮影された写真です。アメリカカンザイシロアリがホウ酸の上を歩いて死んでいるのがわかります。アメリカカンザイシロアリは、ゴキブリ目シロアリ科に属する昆虫で、メキシコ北部から北米西部にかけてを原産とする外来種になります。住宅を含む木造建造物にとって深刻な被害をもたらす害虫で、カリフォルニアとアリゾナ州で毎年2億ドル以上の損失が試算されており、米国西部では大きな経済的損失を招く最悪の害虫であるとされています。日本でも生息域が全国的に広がりつつあり、日本におけるシロアリ対策ではアメリカカンザイシロアリが想定されていないのも被害が拡大している一つの要因になっています。実際にアメリカカンザイシロアリによる被害に対して、合成殺虫剤を使用する一般的なシロアリ対策業者では対処しきれないのが現状で、ホウ酸による全構造材処理(ボロンdeガード®工法)やホウ酸ダスティング施工が唯一、アメリカカンザイシロアリを想定した予防対策工法となっています。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

クロゴキブリ(12月/奈良県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 奈良県にお住いの方から届いた写真です。投稿された方もゴキブリの赤ちゃんだと思いますが、と仰っていたとおりクロゴキブリの赤ちゃんだと思われます。クロゴキブリは、ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫の一種で、人家に棲むゴキブリの代表的なゴキブリです。成虫の体長は25-30mmほどで、体つきは扁平、体色は黒褐色で光沢があります。翅は大きく飛翔することが可能です。一つの卵鞘には22-26個の卵が入っていて、27℃の環境下では41日で孵化します。孵化後300-350日後に成虫になり、成虫は25℃の環境下で200日前後生存します。因みに成虫の雌は一生で20-30個の卵鞘を産むそうです。ゴキブリはシロアリの仲間なのでホウ酸がよく効きます。小さなお子さんがいらっしゃるなど、殺虫剤が使えない場合はホウ酸を試してみるのも良いかと思います。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

ヒメマルカツオブシムシ(12月/岐阜県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。 この虫、しろあり?↓ https://borate.jp/special/line.php#anchor04 岐阜県にお住いの方から届いた写真です。木造の家に住まわれていて、一週間に一回くらいこの虫を見掛けるとのことでした。大きさは5mm程度だそうです。おそらくヒメマルカツオブシムシの幼虫だと思われます。ヒメマルカツオブシムシは、コウチュウ目カツオブシムシ科に属する昆虫で、成虫は花によく集まりますが、幼虫は乾物や毛織物などにつく害虫になります。古くは製糸工場で繭に被害が出るなど、生糸産業においては重要な害虫とされていました。動物質のものだけでなく、植物質の製品にも被害が出る例もあり、家庭における害虫としてはその食害対象の広さから、特に重要なものとの指摘もあるようです。 なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。 シロアリポリス↓ https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。