ブユ(11月/京都府)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。

この虫、しろあり?↓

https://borate.jp/special/line.php#anchor04

京都府にお住いの方から届いた写真です。大きさは8mmほどで、部屋の中にいたそうです。赤く見えるところは血のあとです。お子さんが10カ所以上噛まれ、痒みと腫れがあったそうですが、最初はダニを疑っていましたが、この虫を見つけ潰したところ血が出たので、この虫ではないかと写真を送りいただきました。おそらくブユではないかと思われます。ブユは、ハエ目カ亜目ブユ科に属する昆虫の総称で、関東ではブヨ、関西ではブトと呼ばれることもあります。人を含めた哺乳動物や鳥類などから吸血する衛生害虫として知られています。吸血するのはカやアブと同様メスですが、それらと違い、皮膚を噛み切って吸血することから出血点や流血、水膨れなどが現れることもあります。また、吸血の際に毒素を注入するためすぐに症状は出なくても、翌日以降、患部が腫れたり、激しい痒みや疼痛などのほか発熱の症状が出る場合もあるようです。

なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。

シロアリポリス↓

https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です