ヨコズナサシガメ(1月/栃木県)

昆虫同定サービス「この虫、しろあり?」に届いた写真をご紹介します。

この虫、しろあり?↓

https://borate.jp/special/line.php#anchor04

栃木県にお住いの方から届いた写真です。ヨコズナサシガメの幼虫のように見えます。ヨコズナサシガメは、カメムシ目サシガメ科に分類されるカメムシの一種で、日本産のサシガメ科中最大級の種になります。成虫の体長は16-24mmになり、光沢のある黒色の体色をしています。腹部の縁には、白色で各節に大きい黒斑のある腹部結合板が葉状に広がっています。腹部結合板の配色は、幼虫期では白黒が単純に交互に並んでいますが、成虫では黒斑が辺縁まで達せず、しばしばピアノの鍵盤状となっている場合もあるそうです。成虫、幼虫ともにサクラ、エノキ、ケヤキ、クワ、ヤナギ、クスなどの大きな木の樹上に棲みついています。

なお、身の回りでシロアリを見つけたら被害が拡大する前に、信頼できるシロアリ駆除業者だけを紹介している「シロアリポリス」へ今すぐご相談ください。

シロアリポリス↓

https://shiroari-police.com/ ※昆虫の同定に関しては専門家による回答ではないため間違っている可能性があることをあらかじめご了承ください。なお、間違いにお気付きの方は参考までコメントをいただければ幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *