シロアリ駆除業者検索サイトシロアリポリス

シロアリってどんな虫?

これだけ知っておけば大丈夫、

いきなりですが、

シロアリはゴキブリの仲間なんですね。

白いアリみたいだから

シロアリって呼ばれてるんですけど、

全然アリじゃない。

アリはハチの仲間、

シロアリにとってアリは、

仲間どころか天敵で、シロアリを食べるんですね。

また、シロアリは不完全変態昆虫、

つまり、卵から生まれたら、

もう足が6本生えている、そんなタイプ。

ゴキちゃんもそうですよね、

原始的な昆虫なんです。

 

一方アリは完全変態昆虫、

卵から孵るとイモムシになって

サナギになって成虫になる。

でもですね、そんな原始的な

シロアリちゃんなんですけども、

アリやミツバチと同じような

社会性を持っているんですね。

 

これがおもしろい。

社会性昆虫とは、集団で生活して、

それぞれの階級ごとに

役割分担が決まっていたりする

そんな昆虫なんですね。

 

シロアリの巣を暴いたりすると、

働きアリがバーッと逃げていくんですけども、

兵隊アリは残って戦おうとする、

集団を守ろうとするんですね。

でも動きは遅いし、目がないので、

超弱いんです。

 

バクバク食べられていっちゃいます。

そして、シロアリの巣には

たくさんの個体がいるんですけど

そのほとんどが幼虫です。

 

関東ではゴールデンウィークくらいから

一部が羽アリになって飛んでいくんですけど、

これが成虫です。

運よく生き残ってオスとメスがペアになれば、

これが生殖階級、王と女王の誕生なんです。

でも、ほとんどがアリや鳥に食べられちゃうんですね。

 

最後、シロアリはなんで

木を食べられるようになったかなんですが、

これは、お腹の中に消化を助けてくれる

微生物を共生させているからなんですね。

 

だから木を食べることができるんです。

そして、アリに食べられていく、

アリは木を食べることができません。

でも、シロアリを食べることによって、

間接的に木を食べていることになりますよね。

 

そして、アリは他の動物に食べられていく。

これは食物連鎖ですよね。

シロアリは多くの生き物が

食べることができない木を

動物性たんぱく質に大変換している、

生態系的にはとっても大切な虫なんです。

 

いいところもあるんですね。

今回のお話はシロアリについて、

シロアリはゴキちゃんの仲間で、

アリは仲間どころか天敵。

集団で生活していて、

そのほとんどが幼虫。

ゴールデンウィーク前後に

一部成虫になって飛んでいく。

これが羽アリですね。

そして、新しい巣をつくっていく。

 

シロアリは食物連鎖のスタートにいる、

とっても重要な昆虫なんですよ。

そんなお話でした。

ぜひ参考にしてください。

 

YouTubeながいき住宅のレシピチャンネルでこの動画を視聴できます。